【連載コラム】総評!C-HRを買うならどっちだ!?

トヨタの新型SUV「C-HR」。いよいよ総評となります。

1回目で書きましたが、このクルマはとにかくデザインが格好いいのです!
世界最大級の自動車メーカーであるトヨタは時折、物凄く「攻めた」デザインのクルマを提案してきます。複雑な曲線と面で構成された、まさに「異形」とも言えるような形の。
C-HRもそんな「攻めた」デザインのクルマの一つですが、一目見て「格好いい!」と思わせるデザインパワーは、近年のトヨタ車においてはダントツではないでしょうか。

格好いいデザインのクルマを持つと生活が変わります。単なる道具を超えて、ウットリと眺めたくなる対象になります。そうなると、積極的にあちこちに出かけたくなるし、クルマの写真を撮ってSNSにUPしたくなります。さらには同じクルマを持つ仲間達と良さを語り合いたくなるものです。

クルマをただの移動の道具だと割り切らず、「こんな格好いいクルマと一緒に過ごせたら楽しいだろうな!」と思った人が、まさにC-HRのオーナーになる人なのでしょう。

しかしC-HRの魅力はデザインだけではなく、その洗練された走り、乗り味、内装の上質さも大きな魅力となってます。プリウスと部品の大部分を共用するSUV…とは言え、似て非なるものとなってます。

ラインナップされたハイブリッドモデルの「G」と「S」、ガソリンモデルの「G-T」と「S-T」。それぞれに特徴があります。

何と言っても燃費の良さが光るハイブリッドモデル。しかしながら旧来のクルマらしい自然なフィールのガソリンモデルも魅力的です。そしてガソリンモデルは4WDなので、雪道でも安定した走行ができます。
この二つ、実は価格差はそんなに無くて、ガソリンモデルが廉価版という位置づけでも無いところが興味深いです。

街乗り中心であればハイブリッドモデルを、雪道を多く走ったりエンジンの自然なフィールを求めるのであればガソリンモデルを、といった所でしょうか!?

全5回に渡って掲載させて頂きましたトヨタC-HRレポート。トヨタのクラフトマンシップをビシバシと感じることの出来るSUVでした!
それでは、是非ネッツトヨタ神戸でC-HRの試乗をしてみましょう!

【C-HR試乗・来店ご予約はこちら】

●営業時間 AM9:30〜PM6:00

●お電話でのご予約はこちら
(スマートフォンの場合は以下電話番号をタッチしてください)
0120-98-5555

●フォームからのご予約はこちら

ご希望日時※必須

※予約状況等により、お客様のご希望に添えない場合もございますので予めご了承下さい
※毎週水曜日は定休日です
※原則として申し込み受付日より3営業日以降とさせていただきます

ご希望時間※必須

ご希望の店舗※必須

ご連絡先

お名前※必須

フリガナ※必須

郵便番号※必須
(例)111-2222

住所※必須

ご連絡先電話番号(携帯可)※必須
(例)06-111-2222

メールアドレス※必須

※「@netzkobe.co.jp」からのメールが受信できるアドレスをご記入ください。