仕事と子育て支援の取り組みについて

ネッツトヨタ神戸では、仕事と子育ての両立(ワーク・ライフ・バランス)を図るために雇用環境の整備を整える事が、社員にとっても企業にとっても重要であると考えております。社員全員が働きやすい環境をつくる事によって全ての社員がその能力を充分に発揮できるようにする為に、当社では以下のような取組みを進めて参ります。

取組み計画期間:平成26年4月1日~平成31年3月31日までの5年間

【雇用環境の整備に関する取組み】

1.短時間勤務制度

3歳に満たない子を養育する者の、短時間勤務の制度を再周知し促進する。
(所定労働時間:通常の所定労働時間より最大1.5時間短い所定労働時間)

2.育児休業

出産予定者への産前から育児休業終了までの流れや給付金等の説明を個々の状況に合わせ、社内規定を基に個別説明する事で安心した出産・子育ての実現を図る。

3.所定外労働の削減

事前残業申請をさせ、不必要な残業は勿論の事、業務終了後に帰り難い雰囲気を無くすと同時に、速やかに退社させ家庭生活へ戻させる。

【その他の次世代育成支援対策】

1.地域における子育て支援活動

従業員が地域の小学校へ出向き、エコ環境や働くとはについて教える。
また、保護者の働いているところを子供が見る事ができる『子供参観日』の積極的実施。

2.インターシップやトライアル雇用などの積極的受け入れ

内定者の学生を対象とした洗車アルバイトの実施。
中学生・高校生を対象としたトライアイル雇用の積極的受け入れ。