ニュース

事前に押さえておこう!お花見スポット!

記事の投稿日:2017年3月9日

【事前に押さえておこう!お花見スポット!】
冬も終わりを迎え、日差しも空気もあたたかくなってきました。まさに春の訪れ。そうなると気になってくるのが、桜、そしてお花見ですよね。今年はぜひ、シーズンになる前のお花見スポットをチェックを!万全の状態で桜の花を楽しみましょう!

■須磨浦公園(神戸市須磨区)
アクセス:第二神明道路 垂水ICまたは須磨ICから約15分
見頃:3月下旬~4月上旬

駐車場:200台

源平の古戦場としても知られる公園で、開園当時からクロマツとソメイヨシノの植栽をはじめており、桜の名所としても市内随一。開花時期には3000本の桜が園内を彩ります。また、鉄拐山や鉢伏山を含んだ傾斜地と海岸沿いの松原から形成されているため、鉢伏山一帯の桜風景の大パノラマを楽しむことができます。

■神戸市立王子動物園(神戸市灘区)
アクセス:阪神高速3号神戸線 摩耶ランプから北へ「西灘」交差点を左折約10分
見頃:3月下旬~4月上旬
開園時間:9:00~17:00(3~10月の開園時間、入園は16:30まで)
料金:大人600円、幼児・小・中学生無料
休園日:水曜(祝日は開園)

駐車場:390台

神戸市の桜の開花宣言に使われる「標準木」が植えられていることでも知られており、春になると約480本のソメイヨシノが咲き、来園者を楽しませてくれます。また、見頃の時期には週末限定で「夜桜通り抜け」のイベントが開催。闇に華麗に浮かび上がった桜の花は一見の価値ありです。

■明石公園(明石市)
アクセス:山第二神明道路 大蔵谷ICから約10分
見頃:3月下旬~4月上旬

駐車場:500台

明石城跡を中心につくられた県立公園では、「日本さくら名所100選」にも選ばれた景観を楽しむことができます。桜は約1000本。他にも多くの植物や樹木があり、淡いさくら色に彩りを添えてくれます。

■夙川公園(西宮市)
アクセス:名神高速道路 西宮ICから県道193号線経由で約20分
見頃:3月下旬~4月上旬
料金:無料

駐車場:なし(近隣に有料駐車場あり)

夙川の両岸に、ソメイヨシノを中心とした約1660本の桜が咲き乱れる夙川公園。シーズンには多くの人々が足を運びます。川にかかるいくつかの橋のうち「苦楽園橋」からの眺めは、桜の向こうに甲山が望め、人気となっています。

 

■その他ニュースのリンク
・決算ファイナルフェア