ニュース

春は桜以外も主役級!植物園特集

記事の投稿日:2017年3月30日

【春は桜以外も主役級!植物園特集】
春の主役は桜だけではありません。芽吹きの季節のため、あちらこちらで植物が生き生きと芽を出し、花を咲かせているんです。そしてそのどれもが、美しさ、鮮やかさ、暖かさをもつものばかり。ぜひ、この季節は桜だけではなく、色とりどりの花々を観賞しに植物園をまわられてみてください!

■神戸市立森林植物園(神戸市北区)
アクセス:阪神高速道路北神戸線箕谷ICから約10分
開園時間:9:00~17:00
料金:大人300円、小・中学生150円、乳幼児無料
休園日:水曜(祝日の場合は翌日)

駐車場:700台(有料)

六甲山地の一角にある植物園で、なんと敷地は142万6000平方メートルにも及ぶ広大さ。園内には約1200品種の木本植物を原産地ごとに植栽展示されています。六甲山の特産種である希少なシチダンカといった特別な植物も見ることができるのも特徴です。花の見頃にあわせて多彩なイベントも開催されています。

■神戸どうぶつ王国(神戸市中央区)
アクセス:阪神高速3号神戸線 京橋IC・生田川ICから約15分
開園時間:10:00~17:00
料金:大人1500円、小学生800円、幼児(4歳・5歳)300円
休園日:木曜(春休み、GW、夏休み、年末年始は営業)

駐車場:1200台(有料)

神戸ポートアイランドにあるスポットで、ご存知の方も多いはず。園内には100種200鉢の熱帯性スイレンやベゴニア、フクシアをはじめ、関西最大級となる約2000鉢のハンギングフラワーが植えられており、動物たちとのふれあいだけでなく、植物の美しさも堪能することができます。

■みとろフルーツパーク(加古川市)
アクセス:山陽自動車道 三木・小野ICから約10分
開園時間:10:00~18:00(土・日曜、祝日は9:00~18:00)
料金:無料
休園日:無休(臨時休園あり)

駐車場:75台

木々や花々と親しむにはうってつけのスポットがこちら。園内には約3800本の熱帯果樹と観葉植物があり、南国気分が味わえるクリスタルアーチ(ガラス温室)、農業体験ができる観光農園、さらに、明石海峡大橋まで見渡せる展望台といった施設があります。バーベキュー(要予約・有料)も可能で、1日中目一杯楽しむことができます。

■兵庫県立フラワーセンター(加西市)
アクセス:中国自動車道 加西ICから約3km
開園時間:9:00~17:00
料金:大人510円、高校生250円、中学生以下無料
休園日:水曜(祝日の場合は翌日)

駐車場:493台

松林に囲まれ、さまざまな花々を楽しむことができるエリアが設けられた植物園。植えられる草花の数は、年間でなんと60万株に及ぶほどで、園内に咲く花々は圧巻の一言です。また、日本最大級である450品種のチューリップがおりなす色鮮やかな美しい光景は、必見の価値ありです。

 

■その他ニュースのリンク
・春休みスプリングフェア